この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

皆さんこんにちは。中小企業診断士の木曽 渉です。

10月20日に2次試験が行われましたね。受験された方は、長い勉強期間を終えてほっと一息ついている所ではないでしょうか。本当にお疲れさまでした。

今回は、私の自己紹介がまだでしたのでちょっとだけ書かせて頂きます。

私は、現在㈱コムラッドファームジャパンという会社でコンサルタントをしております。

年齢は、40代半ばで、診断士に合格したのは42歳の時です。

1次試験2回、2次試験4回受験、約5年間かけてやっと合格しました。

診断士の勉強を始める前は、荷物の配達や工場での作業といった経営とはあまり関係ない仕事をしていました。

診断士になろうと思ったのは、現状から抜け出したいという気持ちからでした。今思うと知識や経験がほとんどない状況(しかもアラフォー)で難関といわれる資格に挑戦するというのは正気では無かったのかもしれません。実際に、初めて受けた2次試験の結果は、組織人事:D、マーケティング:B、生産:C、財務:Dという惨憺たるものでした。それでも諦めないで勉強を続けていると段々結果がついてくるようになり合格するまでに至りました。

診断士試験の勉強を続ける中で心掛けていたことは、「絶対に受かってやる!」という気持ち常に持ち続けるということです。期間が長くなれば長くなるほど、つまづきも多くなります。それでも諦めずにいられたのは、受かってやるという気持ちを常に持っていたからだと思います。私の場合は、本当に毎日何度も思い返していました。結果オーライのような気もしていますが、正に「初心忘るべからず」なんでしょうね。

なんだか説教臭くなってきたので、今回はこの辺で!!

The following two tabs change content below.

木曽渉

中小企業診断士  株式会社 コムラッドファームジャパン勤務                一次試験2回、二次試験4回受験の元多年度受験生