この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

皆さんこんにちは 中小企業診断士の木曽です。

 

もうすぐ今年も終わりですね。

これからクリスマスやお正月がやってきます!楽しみですね!

一次試験に向けて勉強中の方はメリハリをつけて学習を進める予定なんじゃないでしょうか。

そのような中、今回は一次試験に向けて勉強中の方で「独身・恋人なし・特に予定なしの人」向けに

『8カ月前だけど過去問を使って一人模擬試験をやってしまおう』というお話です。

年末年始のお休みがある方で特に予定がない方は、その期間を使ってやってみて下さい。

2日間連続で本試験と同じ時間設定でやってみる。4年分の過去問を使うとしたら2日×4年分で8日間(ちょっと多いかも)

まだ学習していない科目もあるかもしれないけど関係なし!得点できるかどうかも関係なし!

とにかく1回やってみましょう。

なぜこの時期に?と思うかもしれません。

それは、あなたが独身・恋人なし・特に予定なしの人だからですっ!!

というのは冗談です(笑)

本当は、過去問は最高の教材だからです。

受験校で作った問題集もとてもためになると思いますが、過去問には絶対にかないません。

だって過去問は実際に出た問題が書いてあるんですから。

過去問は早い時期に始めた方が学習の効率が良いと思います。

何点取れるかなんて気にしないでやってみて下さい。

試験に出題されそうなところが感覚的にわかるようになりますよ。

そうすると過去問を解いた後に始めて学習する科目は勉強に強弱をつけられるようになります。

復習をする時にも同じように強弱がつけられるようになります。

「ここはしっかりやらなきゃ」とか「ここはさらっとでいいな」とかが感覚的にわかるようになるんです。

さらに本試験と同じ時間設定で2日間やってみると1科目ごとにペース配分がわかるし、1日目が終わった後にどれくらい疲れて2日目を迎えるかもわかる。

さらにさらに、休憩時間中に参考書を読み直してもほとんど効果がないこともわかる。(笑)

学習の早い段階で試験の感覚をつかんでおくことは大きなアドバンテージになります。

せっかく予定がないんだったらぜひやってみて欲しいと思います。

正月休みに限らず3連休がある時なんかもなるべくやってみて下さい。

ほかの人は、本試験の数カ月前に模試を何回か受ける程度で一次試験を迎えるので、緊張やプレッシャーを感じてしまうことでしょう。

一方で、あなたはそのころ一次試験のベテランになっているので淡々と問題をこなしていくことでしょう!

あなたが30歳位で寿命が80年だとしたら、お正月はあと50回も来るので1回位シカトしても大丈夫です。

その次のお正月の時には、二次試験にも受かってお正月をいつもの2倍3倍楽しんで下さい!

先はまだまだ長いですが、頑張りましょう!!

The following two tabs change content below.

木曽渉

中小企業診断士  株式会社 コムラッドファームジャパン勤務                一次試験2回、二次試験4回受験の元多年度受験生