この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

皆さんこんにちは 中小企業診断士の木曽です。

 

もうすぐ12月ですね。一次試験の勉強をしている方は、勉強開始から数カ月がたっていることと思います。

一次試験はとにかく勉強量が決め手!皆さん頑張っているんじゃないでしょうか。

でも、毎日勉強ばかりだと生活が単調になりがちで、正直楽しくないと思います。

モチベーションって下がってきてませんか?

ということで、今回は、モチベーションが下がってしまっている方へのお話です。

 

改めてモチベーションの意味を調べてみると・・・

『人が行動を起こすときの原因、すなわち動機』だそうです。

類語を調べてみると・・・

・やる気

・前進への意欲

・野心

・野望

・バイタリティ

・使命感

・意志

・活力

・エネルギー源

・突き動かすもの

などなど。

なんだか『突き動かすもの』ってしっくりきませんか?

あなたが診断士試験を受験しようと決意した時、何に突き動かされたのでしょうか?

私の場合は、当時、非正規で肉体労働をしていたので、とにかく『現状を打破したい!』という気持ちで受験を決意しました。(非正規雇用や肉体労働が悪いと言っている訳ではありません。自分には合っていなかったという意味です。)

皆さんも色々と事情はあるかと思いますが、『現状打破』という点は共通するのではないでしょうか

・もっと上のレベルの仕事がしたい

・もっと自分のスキルを高めたい

・コンサルタントになって独立したい

などなど、強い気持ちで受験を決意されたのではないかと思います。

でも・・・

勉強する期間が長くなるとモチベーションって下がりますよね。

それは誰でも経験することだし、仕方のないことだと思います。

だからといって、『サボる』、『勉強はするけどおざなりになってしまう』はダメ!

ご自身が診断士試験を受験しようと決意した時、何に突き動かされたのかを思い出してみましょう!!

きっと「ちゃんとやるか!」という気持ちになるはずですよ。

それでもダメな時は、ちょっとイメージしてみて欲しいんです。

受験を決意した時の『過去の自分』が『今の自分』を見てなんと言うか。

きっと「おい何やってんだ!」「ちゃんとやれよ!」って言うと思いませんか?

さらに、近い将来の自分もイメージしてみて下さい。

『一次試験終了後の自分』や『二次試験終了後の自分』です。

将来の自分はあなたに何を言うでしょうか。

決して「お疲れ様」とは言わないんじゃないでしょうか?

モチベーションが下がっている人にこのような話をしても余計に下がってしまうだけかもしれませんが、結局、合格するもしないもあなたの努力次第です。

誰かが代わりに勉強してくれるわけではありません。

今回はかなり厳しいことを書いてしまいましたが、たかだか1~2年間の辛抱です。

人生80年としたら1.25~2.5%でしかありません。

それぐらいの負担で『現状打破』できるなら安いもんだと思いませんか?

The following two tabs change content below.

木曽渉

中小企業診断士  株式会社 コムラッドファームジャパン勤務                一次試験2回、二次試験4回受験の元多年度受験生