この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

皆さんこんにちは 中小企業診断士の木曽です。

先日、生まれて初めてインフルエンザにかかってしまいました。

こんなに辛いものだとは・・・という感じでした。

受験生の皆さんは、体調管理をしっかりと行って、勉強に支障が出ないようにして下さいね。

 

さて、早いもので今年ももう終わりです。

今回の年末年始は、9連休だ!という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

9連休かどうかはさておき、受験生の皆様にとっては、まとまった休みをどう使うか?ということが大変重要だと思います。

極端な話をすると、24時間×休日数も勉強に充てられるまたとないチャンスと言えなくもない。

そこまでやる必要は無いかも知れませんが、普段は出来ないことに時間を当ててみてはいかがでしょう?

(スキーに行ったり、温泉に行ったりではないですよ!)

例えば、自分の間違え方を調べてみてはいかがでしょうか。

いつも似たような問題を間違えて失点してしまうってよくありますよね。

本試験までまだ時間があるうちに、自分がどんなルートで間違えてしまっているかを考えてみましょう。

一次試験でも二次試験でもやり方は同じです。

①問題集や答練で、間違ってしまった問題をリストアップする。

 一次試験なら企業経営理論の問題集第何問とか、二次試験なら事例Ⅰの設問1など

②何についての問題だったかを考える。

 一次試験なら経営戦略論の競争戦略とか、二次試験なら既存事業と新規事業の違いについてなど

③なんで間違えたかを考える。

 一次試験なら復習が不十分で成長戦略と競争戦略がごっちゃになっていたとか、二次試験なら与件を読み飛ばして多面的に比較できなかったなど

④どうするかを考える。

 一次試験ならその部分だけ復習を強化して理解を深めるとか、二次試験なら与件を読むときに指差し確認しながら読むなど

気付きのノートを作ってまとめておくのも良いかもしれません。間違え方の傾向が見えてくると思います。たまに見返してみて同じ間違え方をしてなければオッケーです。

自分が間違える時のルートを知っておけば、自然と問題を解くときに注意をするようになるはずです。

本試験は、まだ先の話ではありますが、なるべく効率的に勉強を進めていきたいものですね。

では、皆さん良いお年を!!

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

木曽渉

中小企業診断士  株式会社 コムラッドファームジャパン勤務                一次試験2回、二次試験4回受験の元多年度受験生

最新記事 by 木曽渉 (全て見る)