こんにちは。

「合格のためのメンタルビルディング」事務局です。
平成30年度試験において合格された合ビルの受講生の方から嬉しい体験記をいただきましたのでご紹介させていただきます。

*****************************************************************************************************************
■M.H様(男性・会社員)
■合ビルセミナーを受講

■ 1次試験
1次試験は、科目合格を狙うも、難化科目に悩まされ、リスク分散で全教科に切り替えて、ようやく2次の切符を手にしました。
この間の不安要素は、試験中、時間が足らないっ! と感じてからのパニック発生でした。

■ 「合格のためのメンタルビルディング」との出会い
受験生支援団体の2次試験対策セミナーに参加した際に「合ビル」のチラシと共にパニックに関する説明がありました。
一年に一度の試験、パニックになった経験から悩みの克服と、対策が必須と考えていました。
そこで、合ビルの夏セミナーに参加することにしました。

■ セミナーを受けて
想像とは随分違い、リラックスした雰囲気で心理面でのカウンセリングを受けているような特別な時間に感じました。
目的としていたパニック対策以外にも、モチベーション維持や、目標達成に至るまでの思考など多くを得ることができ、大満足の内容でした。
他の資格試験にも当てはめることができる内容と、中小企業診断士に特化した内容とがあり、今後も役立つノウハウでした。

■ 2次試験
初めての2次試験本番、事例Ⅰで、終盤に時計を見た時、間に合わないと感じた瞬間、恐れていた「パニック」が発生。
でも、大丈夫!事前に準備していた落ち着きを取り戻す方法を使い、立て直しを図れました。
準備しておいて本当に良かったと思います。

この最初の事例で、パニックになったことで、続く事例Ⅱ以降に影響してしまうことが心配だったのですが、「合格のためのメンタルビルディング」のセミナーで得たノウハウが、自分を落ち着かせることにとても役立ちました。
安心感というか、お守りというか、準備してきたんだから大丈夫!という気持ちを持てていたことが大きかったのだと思います。
その後の事例では、影響なく取り組むことができました。

その年は、残念な結果となってしまいましたが、得点開示し239点であと一歩というところだったことをあとで知ります。
もしも、夏セミナーを受けてメンタル面での準備をしていなかったら、気持ちの切り替えがスムーズにできず、総崩れになっていたかもしれない。
そう思うとゾッとします。
次に受けた2次試験では、いつも通りに事例Ⅰ、事例Ⅱ、事例Ⅲと取り組め、事例Ⅳで焦りが生じましたが、パニック対策バッチリの安心感を武器に平常心を保ちつつ取り組めました。
結果、無事合格を手にしました。

■ 受験生の皆様へ
中小企業診断士試験への思いが大きいほど、メンタル面での対策は大事になると思います。
一年に一度の試験であり、大事な人との時間の多くを勉強に振り分けているからこそ、試験本番のプレッシャーが尋常ではないと思います。
心を乱される要素満載の試験本番で、平常心を保ちつついつもの通りに過ごすノウハウを得られて本当に幸運だったと思います。
こうしたノウハウがあることを、受験生が知るきっかけ作りに精力的に活動されているメンタルトレーナーの姫野さんの行動力に刺激を受けました。
多くのノウハウを提供頂き、大変感謝しております。

今後も「合格のためのメンタルビルディング」のノウハウが、メンタル面での手助けに、合格に繋がるよう、多くの受験生に広まっていくことを願っています。