こんにちは、中小企業診断士、メンタルトレーナーの姫野です。
1次試験が終わって5週間が過ぎ、2次試験まで6週間をきりました。
今週はちょうど折り返し地点ですね。

さて、今日は「過去は変えられる」というお話です。
月曜日から何を言ってるんだ!?と思うかもしれませんね(笑)。

この数年、ブームのように紹介されているアドラー心理学では、「見かけの因果律」という言葉を使い、「Aという現象とBという現象の間には、本来は因果関係がない」というスタンスを取ります。

人は、過去の出来事や、過去に心の傷をうけたことを持ち出して両者に因果関係があるとみなしたがるが、そこには因果関係はない、トラウマなどない、というのです。

フロイトの説く原因論とは間逆ですね。

例えば。
「これまで財務でいい点を取ったことがないから、自分は財務が不得意だ」
「去年、本番で緊張して失敗したから、自分は本番に弱い」
というのは、本人が勝手に因果を結び付けているだけだ、という考え方です。

そんなこと言われても・・・と思うかもしれませんね。
でも、ちょっとだけ「そうかもしれない」「たとえば、そうだったら」と想像してみてください。

過去に財務でいい点を取っていなくても、財務が得意になった人はいますし、過去に緊張して失敗しても、本番に強くなることはできます。

同じような過去の経験をした人が、全員同じような未来を生きているわけではありません。

財務が得意になった自分、本番に強くなった自分を先に想像してください。
現在のあなたはどういう行動をとりますか。

私のコーチングの師匠のひとり、平本あきおさんはアドラー心理学を
こういう言葉で表現しています。

===========================================================================================

過去が原因で、現在が結果として作られてるんじゃない。
未来が原因で、現在が結果として作られている。

「今まで、昨日まで、どうだったか?」が重要ではなく、
「今日から、未来、どうなればいい?」に左右されて現在が決まる。

アドラーによると、未来が変わると、現在が変わる。
そして、現在が変わることで、過去まで変わる、という。

===========================================================================================

診断士の勉強をしてきた皆さんはご存知のとおり、経営の意思決定においても、サンクコスト(埋没費用)は影響しませんよね。

「未来が原因で、現在が結果」
「過去は変えられる」

言葉にするたびに、背筋の伸びる思いのする、私の好きな表現です。

合格したあなたを想像してみてください。現在のあなたはどんな行動をしていますか?

 

************************************************************************************************
合格のためのメンタルビルディングでは、2次試験がまぢかに迫った今、今年確実に合格したい!という受験生向けにスペシャルセミナーを開催いたします。

2次試験合格に必要な「心・技・体」の中で、試験当日に最も必要となる「心」に焦点を当てた内容です。
「技」(2次試験の突破の仕方などスキル面)に焦点を当てたセミナーは多数ありますが「心」(本番で確実に実力を発揮するためのメンタル面)に焦点を当てたセミナーは他にはありません。

ぜひ、ご参加ください。

【2次試験で100%の力を発揮するメンタルの作り方】

日時  :2016年9月22日(祝)13時30分開始
開催場所:エッサム神田ホール1号館701・中会議室1
参加費 :3,000円

セミナーのお申込み・詳細は以下URLよりご確認ください。
http://kokucheese.com/event/index/415119/