この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは、中小企業診断士・メンタルトレーナーの姫野です。

テニスの錦織選手が全米オープンで、ベスト4に進出しました。

世界ランキング2位のマレーからの金星。
フルセット、約4時間の熱戦を制するとは、本当に強いメンタルですよね。

錦織選手もかつては怪我が多く、メンタルも弱いと評されていましたが、マイケル・チャンコーチらとの出会いもあり、フィジカルもメンタルも強靭なものに変貌を遂げています。

錦織選手のインタビュー発言から、そのメンタリティをご紹介します。

(2014年11月 世界ランク5位になった頃のインタビューより)
Q マイケル・チャンコーチからの言葉で一番心に残っているフレーズは?

A「自分を信じる」ということを、本当に何回も言われました。
 全米オープンの時もジョコビッチと対戦する前の日から、「Believe yourself」(自分を信じろ)、絶対に勝てると多分1日5回ぐらい言われて。それで自分自身も「そう思わないといけない」と思いました。

この「自分を信じる」というのは、本当に大事なポイントでして、メンタルトレーニングでいう”インナーマッスル”と言ってもいいと思います。
いくら、メンタル面での小手先の技術・手法を身につけようと鍛えても、このインナーマッスルが鍛えれられていないと、支えることが難しいんです。

よく「意識が変われば、行動が変わる」というフレーズを聞きますが、実は逆な部分があって「行動が変われば、意識が変わる」んです。

例えば。

すごく不安な時に、わざと胸を張って、顔を上にあげて、大声で笑ってみてください。
さらに「大丈夫、絶対できる!」と声に出してみてください。
不思議なことに、不安な気持ちが和らいでポジティブな気持ちになるんです。

チャンコーチは、しつこいくらい「絶対に勝てる」と言ったそうで、錦織選手も「刷り込まれるくらいに言われた」と発言しています。

外からの刺激で、心の中は変えられます。

合ビルで合格体験記を書いてくれた松本典子さんは、松岡修造の元気応援ソングを持って試験会場に行き、休憩時間に動画を見て、「イケる!」と言い聞かせ、試験を受けていたそうです。

※一発合格道場ブログより
http://rmc-oden.com/blog/archives/94989

試験が近づいてくると、出来るようになったことよりも、まだ出来ていないことに意識が向いて、不安になることってありますよね。

冷静に自分の実力を把握することも大切ですが、自信をなくし過ぎてしまうと、パフォーマンスに影響を与えてしまいます。

この1ヶ月で、この1週間で、昨日から今日にかけて、できるようになったことは何でしょうか。たとえ1歩でも前進しているはずです。

自分がいま持っているリソースに目を向けて「だから、自分は自信を持って大丈夫」と声に出してみてくださいね。

「行動が変われば、意識が変わる」
「外からの刺激で、心は変えられる」

ぜひ試してみてください。

************************************************************************************************
合格のためのメンタルビルディングでは、2次試験がまぢかに迫った今、今年確実に合格したい!という受験生向けにスペシャルセミナーを開催いたします。

2次試験合格に必要な「心・技・体」の中で、試験当日に最も必要となる「心」に焦点を当てた内容です。
「技」(2次試験の突破の仕方などスキル面)に焦点を当てたセミナーは多数ありますが「心」(本番で確実に実力を発揮するためのメンタル面)に焦点を当てたセミナーは他にはありません。

ぜひ、ご参加ください。

【2次試験で100%の力を発揮するメンタルの作り方】

日時  :2016年9月22日(祝)13時30分開始
開催場所:エッサム神田ホール1号館701・中会議室1
参加費 :3,000円

セミナーのお申込み・詳細は以下URLよりご確認ください。
http://kokucheese.com/event/index/415119/

The following two tabs change content below.

合格のためのメンタルビルディング事務局

最新記事 by 合格のためのメンタルビルディング事務局 (全て見る)